新着情報
News

【事務連絡】エレベーターのリニューアル工事に伴うウインドウ面会不可のお知らせ(2022年9月) 2022/08/16

 日頃より、当施設の運営にご理解ご協力を賜り誠に有難うございます。
 
 さて、当施設も開設25年を迎え、これまでも快適な生活環境の充実に向けた建物内のリニューアル工事を実施してまいりました。
 
■この度、下記の日程で建物内にございます2台のエレベーターを1台ずつ停止して工事を行います。
 
●工事期間:2022年9月8日(木)~29日(木)
 
※夜間帯は工事を行いません。ご利用者様の睡眠を妨げるご心配には及びませんので、どうかご安心ください。
 
■工事に伴い、下記の日程でウインドウ面会を不可とさせていただきます。
 ご不便をおかけしますが、ご協力お願いします。
 
●ウインドウ面会が不可となる日(計6日間)
 
9月8日(木)・9日(金)・16日(金)・19日(月)・20日(火)・27日(火)
 
※なお、該当日以外でもエレベーター使用の安全確保への判断から、面会をお断りすることがありますので、ご了承ください。
 

【コロナ関連・緊急連絡】昨日8月12日(金)、通所リハビリテーションご利用者様1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました 2022/08/13

【経緯】
 当該ご利用者様は、12日(金)鼻汁と37.7℃の発熱があり、抗原検査で陽性の判定でした。当施設の最終ご利用日は、11日(木)です。

 サービス利用中は食事と入浴時以外はマスクを着用し、他利用者様や職員と接触する頻度も少なく、保健所から「濃厚接触者なし」と判断されました。 

【施設の対応】
 当該ご利用者様が11日(木)に接触のあった職員3名とご利用者様2名に対し、昨日と本日の2日間で抗原検査を実施。全員の陰性確認をしております。
  
【ご入所者様への影響】
 サービス提供のフロアが違い、通所部門との接点が殆んどございません。ご入所者様への感染リスクは、非常に低いものと判断しております。
 
 ご入所者様の体調に変化があった場合は、施設医師または看護師よりご家族様へ随時報告いたします。
 
【今後について】
 今回は感染拡大の懸念もないと判断し、地域の皆様の在宅生活を支える役割を果たすべく、通所リハビリサービスを通常営業させていただきます。
 
 この度は、ご利用者様やご家族様、地域の皆様及び担当ケアマネジャーの皆様に多大なご不安とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
 
 今後も感染予防策を徹底してまいりますので、皆様のご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 

【夏の活動報告】♪お待ちかね♪暑さも吹っ飛ぶ『通所リハビリ納涼会』を8月5日に行いました 2022/08/09

 日本の夏といって思い浮かぶワードは何でしょう?
 海・花火・盆踊り・かき氷・・・それから「納涼会」!!

 納涼会とは、涼しさを演出し“暑さを忘れること”を目的とした日本の風習といわれています。
 
 そこで通所リハビリでは夏の猛烈な暑さを吹き飛ばし、夏祭り気分で涼しさを感じていただけるよう納涼会を企画しました。

 まずは『輪投げ』!得点台めがけ3回投げ、合計得点が5点以上の方に景品をプレゼントさせていただきました。

 次に定番の『ヨーヨー釣り』を体験!紙嵯り(こより)付きの釣り針で好きな柄のヨーヨーを釣っていただきました。
  “プルプル”と震える手を押さえながら、紙嵯りが切れないように、ゆっくりとヨーヨを釣りあげていく皆様の表情は、まさに真剣そのもの!!

 昼食では、夏祭りに定番の『焼きそば』を提供しました。「屋台で食べた焼きそばを思い出したよ~」「祭りといえば焼きそばだね~!何とも言えない美味しさだよ!」などの声も聞かれ、大好評でした。

 入浴後のおやつでは、お待ちかねの『かき氷』を提供!
 相談室が「かき氷ブース」に大変身!!法被にハチマキ姿の職員が丁寧に氷を削ると、氷職人顔負けの“ふわふわかき氷"の出来栄えとなり、ご利用者様に大変喜ばれました。

 シロップは3種類をご用意!!定番の「イチゴ」甘くて美味しい「メロン」夏空と海をイメージした「ブルーハワイ」忘れちゃいけないトッピングは、もちろん練乳!
 甘~いシロップに練乳をかけると、後味はまろやかになり、口の中に幸せな気持ちが広がります♪
 「温泉の後に食べるかき氷は最高だなぁ!」「毎日食べてもいいなぁ!」といった感想をいただきました。

 心を込めた夏のおもてなし『納涼会』でしたが、ご利用者様には夏の暑さを忘れ「楽しさ」と「懐かしさ」を感じていただけたと思います。

 なお、入所サービスでは8月3日に4階、4日に2階、5日に3階で「かき氷」を提供させていただきました。

 新型コロナ感染症の第7波が急拡大し、緊張感が続いていますが、私達職員は利用者様の『笑顔』が力となります。
 皆様の多くの笑顔を力に変えて、これからも楽しい行事を企画・提供できるように取り組んでいきたいと思います。

 写真は、https://www.nac-yumura.com/gallery/#n1000521
 

【緊急連絡】昨日8月2日(火)、施設入所サービスの担当職員2名の新型コロナウイルス陽性が判明いたしました 2022/08/03

【経緯】
 7月30日(土)に当該職員(2名)の同居家族が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。両者ともに無症状だったので保健所からの検査指示はなく、濃厚接触者とする自宅待機にて経過観察しておりました。
 
  その後、8月1日(月)に両者ともに発熱があり、翌2日(火)に医療機関を受診。
  両者ともに抗原検査で陽性となり、新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。
 
 両者の最終出勤日は、7月28日(木)と30日(土)です。
 
【施設の対応】
 保健所の指示に従い、ご入所者様全員ではなく、有症状者(37度以上の発熱やいつもと違う症状がある方)に対し、施設にて抗原検査を実施しております。
 
 7月30日(土)~8月2日(火)の4日間で12名のご入所者様の検査を実施し、全員の陰性を確認しております。
 現在のところ、ご入所者様、職員ともに新たな感染者は出ておりませんのでご安心ください。
 
【今後の対応】
 引き続き、有症状者に対して積極的に抗原検査を実施し、ご入所者様の体調に変化があった場合は、施設医師または看護師よりご家族様へ随時報告いたします。
 
 この度は、ご入所者様やご家族の皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
 ご不明な点がございましたら、施設にお電話いただきますようお願いいたします。
 
 

【2022・夏のおやつ】夏スイーツで涼しくなろう!ひんやりおやつプレートを提供しました♪(2022/7/14) 2022/07/18

 毎年大好評のおやつイベント・・・
 今回も夏らしく、カラフルで爽やかなスイーツを、おしゃれにプレートに盛り付けました・・・♪
 
 すいか・コーヒーゼリー・プチシュークリーム・小豆ほうとうの甘味に加え、お口直しにハッピーターン・ところてんと、見た目が映えて気分もアガる、夏にちなんだ6種類のメニューです。
 
 何といっても今回の目玉は、山梨県の郷土食である『小豆ほうとう』です・・・
 その背景にはご利用者皆様から『昔はよく食べていたので、ぜひ食べたい』という声が多く、リクエストスイーツとして初めて取り入れてみました。
 小豆ほうとうは、ほうとうの麺を太めに切り、餅に見立てて甘く煮た小豆と一緒に煮込むところが甲州特有で、昔から食べ親しまれていたそうです…
 
 職員がテーブルセッティングや飾り付けをしていると『今回のスイーツは何かな?』並んだおやつを見ては『おいしそうだね~♪』と食べるのを待ち遠しそうに心弾ませておられました。
 
 さあ実食です・・・!皆様からは『甘くておいしい~』『幸せな気分~♪』との感想が飛び交い、楽しそうに食されていました。こういった機会には、ついつい食べ過ぎてしまいますよね・・・
 
 皆さまの食しているお姿を拝見しながら、スイーツって食べて美味しいだけじゃなく、楽しくて癒やされて元気になれるというセラピー効果もあることを実感しました・・・
 
 今回も、笑みがこぼれる幸せと癒やしのおやつ時間となりました・・・♪

 詳しくは、http://www.nac-yumura.com/gallery/#n1000512
 

【ご報告】本日7月13日(水)より、通所リハビリご利用者様に対する4回目の新型コロナウイルスワクチン接種を行っています 2022/07/13

 当施設では、安全にワクチン接種を行える体制を整え、医師や看護師が一人ひとりに声かけしながら順次行っております。
 
【接種期間】
■7月13日(水)~29日(金)
■上記期間で5ヶ月経過していないご利用者様に対しては、日程調整しながらオーダーし、接種させていただく予定です
■過去に接種された時期や回数がそれぞれ異なることで、今回の接種が『3回目接種』となる方も一部いらっしゃいます
 
 新型コロナウイルスのオミクロン株のうち『BA.4・BA.5』というタイプの変異ウイルスが、国内でも広がりつつあります。7月に入り全国的に感染が急拡大し、山梨県内でも新規感染者が連日急増しており『第7波』への懸念も高まるなか、油断できない状況が続いております。
 
 ご利用者様、ご家族様には様々なご不安があるかと思いますが、当施設では今後も皆様に少しでも安心していただけるよう努めてまいります。
 

【コロナ関連続報】新たな感染者の発生はありませんのでご安心ください 2022/07/12

 昨日11日(月)、施設職員1名の新型コロナウイルス感染が確認された件について、当該職員と接触の可能性がある5名のご入所者様に対し、本日12日(火)PCR検査を実施しました。
 
 検査の結果は、全員『陰性』でした。
 ひとまず、他者への感染に関しては問題ありませんのでご安心ください。
 
 引き続き、注意深く観察しながら、ご入所者様及び職員の健康と安全管理に努めます。
 
 7月に入り全国的にも感染が急拡大し『第7波』への懸念も高まっている中、県内でも連日100人を超える新規感染者が確認されています。
 
 このような状況に警戒を強め、今後も施設内の感染防止に万全を期してまいります。
 ご家族様や関係各位には、ご不便をおかけすることが続きますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 

【緊急連絡】本日7月11日(月)、施設職員1名の新型コロナウイルス陽性が判明いたしました 2022/07/11

【経緯】
 当該職員は昨日10日(日)に発熱があり、本日は発熱に加え、咳や鼻汁といった症状も出たため、医療機関を受診しました。
 抗原検査とPCR検査ともに陽性となり、新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。
 
 当該職員の最終出勤日は7月8日(金)です。
 
【施設の対応】
 当該職員が8日(金)に接触した職員3名とご利用者様6名(うち入所者5名+訪問リハ利用者1名)に対し、本日抗原検査を実施しました。
 結果は、全員の陰性を確認しております。
 
【今後の対応】
 保健所の指示により、明日12日(火)に当該職員と接触されたご入所者様5名のPCR検査を実施する予定です。
 結果につきましては、メールおよびホームページにてご報告させていただきます。
 
 なお、当施設の各種サービス(入所・通所・訪問)は、明日以降も通常通り営業いたします。
 
 この度は、ご利用者様やご家族の皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
 ご不明な点がございましたら、施設にお電話いただきますようお願いいたします。
 

【重要なお知らせ】各種保険証類提出のお願い 2022/07/11

『後期高齢者医療費保険者証』
『介護保険負担割合証』
『介護保険負担限度額認定証(対象者のみ)』
 
上記証類の有効期限が令和4年7月31日までとなっております。
各市町村より届きましたら、施設事務窓口までご提出をお願いいたします。
 

【山梨県立大学看護学部の老年看護学実習オンライン講義】を行いました(5月13日・18日、6月17日・22日) 2022/06/27

 当施設では、2013年から山梨県立大学看護学部の老年看護学実習の学生の皆さんを受け入れています。
 
 学生の皆さんには『老健施設における医療の仕組み』はもちろんのこと・・・『生活の場における高齢者のQOL(Quality of life)を高める医療の実際』や『多職種連携』に関して学んでいただくことを目的としています。

 また、実際に認知症高齢者との関わりを通じ、様々な症状からその方の『想い』を探ることで看護観を深めてもらいたいという気持ちで寄り添っています。
 
 今年度はコロナ禍でオンライン講義となりましたが、施設長の小林と看護師の本田が当施設の実際の症例を用いて、講義を計4日間行いました。
 
 当施設では、限られた設備の中ではありますが、専門的な知識を有した医師や看護師のもと、ご家族と話し合いを行いながら治療を進めています。
 
 また、重度認知症であっても病院での治療に準じた治療を『いつも通りの生活をしながら環境を変えずに行う』という方針で対応しています。

 今回のオンライン講義で、我々スタッフの学びも更に深まりました。
 
 これからもご利用者様、ご家族様が安心して生活できるよう、スタッフ一同精一杯支援させていただきます。
 
 施設長・医師(総合内科専門医、老人保健施設管理認定医) 小林
 認知症看護認定看護師 本田